№3183 私刑(リンチ)~「モンゴル力士会」解散すべし~

 今、世間を騒がせている相撲界のことはスルーしようと思ったが、やっぱりちょっと書こう。これは実に簡単な事件だ。横綱白鵬公認の貴ノ岩私刑(リンチ)である。まず僕がぞっとしたのは、モンゴル人力士界という存在だ。なんだこの気色の悪いタテ社会は。こいつらはモンゴル人同士でもたれ合い、上の地位の連中がたとえば照ノ富士に活躍したからBMWを贈るとか、やたらこいつらはズブズブの関係なのだ。こいつら一応ライバル…

続きを読む

№3182 ヘテロ=河野裕子

 №3180の日記で取り上げた、永山凌平なる歌人を、「塔」が推している、ということを僕は問題視した。今日、再び問題視したいと思う。この歌人はまず毎月塔には出詠していない。要するに欠詠続きなのだ基本的に僕は結社に所属している以上は欠詠は許されないと思う。結社に入会するということは歌を歌意続けるという決意表明であるべきであり欠詠は絶対許さない。永山凌平なる歌人は欠詠続き歌も前回のブログに書いたとおり…

続きを読む

№3181 「塔」11月号・陽の当たらない名歌選1~介護士に思想あるべし~

      「塔」11月号・陽の当たらない名歌選1 思ひ出はぼんやりがいい スイッチバックの駅の別れにゆれてゐたコスモス 坂 楓 ゆるやかに川がカーブするところ曲がりきれない風が逸れゆく 松塚みぎわ 読み返す未来などそこにはなくて若い日記に年は書かれず 太田愛葉 ゆふぐれを歩いてをれば吾(あ)を包む皮膚うすくなりわれは溶けだす 加藤久子 貸したまま忘れてしまいしCDを渡されてお…

続きを読む