№3563 信用できる会社~清水建設~

 複雑な季節だ。いつまで経っても寒くならないし、東京は依然、最高温度が毎日20度前後である。これは本当に困る。寒いのか暑いのか、はっきりしてほしい。僕の住むマンションは面白い。適当に選んで入ったマンションはなぜか清水建設の建てた分譲マンションだった。清水だろうが汚水だろうが何でもよかったんだが、なんでも清水建設というのはたいへんによい建設会社であると後日聞いた。なるほど、それは納得がいく。なぜなら、通気性と、断熱性の両方がとてつもなく優れているからだ。

 朝起きて「今日は寒いな」と思うと、実は外は暖かい。逆に、部屋の中で暑いと思ったら外は寒いのである。これには散々泣かされた。うちん中があったかいので軽装で外に出たら寒いのなんの、おまけに雨まで降ってたりしてえらい目に遭う。今日も今日とて、東京の最高温度は22・2度。しかし、うちの中は涼しかった。しかしもう騙されまいぞと思って半袖で外出したらどんぴしゃり、外はかんかん照りの暑さだった。こういうマンションに住んでるから、夏はクーラーなし、冬はコタツだけで過ごせるのだ。ほんと、真冬なんて、外から帰ってきたら、ヒーターもストーブもなんもないのにメガネが曇る。この家にエアコンは必要でない。それだけ、清水建設の仕事はすばらしいということだ。建設会社はいかがわしいというイメージがある。確かに、そう思われても仕方のない会社や事例が数多くある。とりあえず、清水建設は信用してもいいんじゃないかと、実際に住んでみて実感しているのであります。今は亡きみみ太も、真夏に冷房もないこの家の中で大運動会していたなあ(泣)。僕もみみ太も、夏が大好きなのである。それは、断熱性に優れた清水建設の建設の賜物であろう。来年の夏も猛暑がすごいことだろう。オリンピックなんてほとんど冗談である

この記事へのコメント