№3541 息子

      息子      黒田英雄

市場が国家(くに)を選ぶ世紀に降る梅雨(あめ)はスコールと化しまほろばを叩つ

一時的興奮状態(シュガーハイ)醒めゆくアメリカ今秋にトランプ減税の短夢(ユメ)頽れむ

一年で一番好きな水無月に祝日なきこと良しとし呼吸(いき)す

湧きあぐる瞬時の葛藤書きなぐる短歌(うた)を証の短文(ふみ)と思ふな!

トイレの壁にへばりついてる蜚蠊が吾を信ずると触覚ふるはす
 
混血のジェリー藤尾が唄ふからぎんぎんぎらつと夕陽は沈む

手榴弾その遠擲のすぐれたる新兵の名は沢村栄治

白球(ボール)捨て米兵に擲つ手榴弾あの草薙の空は還らず

濁世なる塵尽きるまで寝ねがたく躰を火照らす総懺悔の夜

山宣の治安維持法改悪の反対演説瀑布に聴こゆ

すめらぎをつひに灼かざりそが魂の有処海へと御滋羅は還る

たれ知らぬたれとも語れぬ時代劇「変幻三日月丸」は幻ならむ

侏儒(こびと)たち盲人(めくら)に跛傴僂男(せむしをとこ)子供映画に禁忌溌溂!

前のひと抜かずに従(つ)いて歩かうと決めた瞬間(とき)から守護霊となる

今に見ろ今に見てろと過ごすうち体重だけが増えてゆくのだ

敵もたぬ男の口から夢といふ言葉漏れるを嘘寒く聞く

鴉(トリ)さんを肩のせ都市をさ迷いし「男おいどん」何処に去りしか

菊花賞二度と賭らぬとつぶやいて明日から俺も長袖着やう

増税を容認せよとふ参院選盛りあがりなき梅雨寒の咳

市場はたトランプにかパウエル氏どちらに向ってハト派装ふ

つづまりは予防的離婚と同じこと予防的利下げの不吉な余裕

善玉のコレステロール値上限をいつも超えてる吾こそ善き人

荒びし白壁(カベ)の倉庫のごとく建つてゐる新宿(ジュク)吉本本社に活気はあらず

老ゆるほどに寺尾聰はさうなんだ宇野重吉の息子(サン)だつたんだ

この記事へのコメント