№3528 凶暴な夏は続く

 台風15号の暴威により、神奈川県と千葉県はもはや壊滅状態である。特に千葉がひどい。電気も水道もストップし、この暑さの中でクーラーはおろか扇風機もなく、水もなく、この豊かな日本にあって人々は難民死を迎えんばかりだ。僕は以前からあることを怖れていた。それは、日本を襲う台風が、モンスーンではなく、アメリカ型のハリケーンへと変貌することだ。海面温度は近年どんどんどんどん上昇している。正に雨より、風のほうが怖いなと思っていた矢先のこの台風15号だ。これは、台風と言うよりハリケーン15号と言ったほうがいい。呼び名もアメリカ流に「由里子」とか「節子」とか「秀子」とか。しまった全部亡き女優の名前だ。そんなハリケーンが日本を襲う時代になってきたのだと、僕は恐怖を感じる。今後、風速60メートルとか80メートルとか、恐ろしいハリケーンが日本を襲ってくるだろう。日本の夏はまさに、線状降水帯やハリケーン爆弾を受け続けるサバイバルの季(とき)となるのは間違いないだろう。千葉県の人々にはどうか頑張ってくださいとしか言い様がない。

 こんな夏に、来年オリンピックをやるという。低脳森喜朗率いるスポーツ乞食と土建屋どもが立てた馬鹿なプランだ。今からでも遅くない、中止すべきだ。マジである。この愚挙を遂行したあかつきには日本国の国際的信用は地の底のそのまた底まで失墜するであろう。先日テレビを見てたら、明治天皇の子孫なる竹田某とかぬかすメガネの馬鹿が、「日本は神の国だから決して災厄は起こりません」とほざいてるのを見て呆然とした。太平洋戦争のとき神風が吹いて鬼畜米英を追い払ってくれると思っていた愚挙をまた繰り返そうというのだ。よくもまあテレビ局もあんな阿呆を出演させるものである。ちんちくりんの皇室ゴロが。嗚呼、令和五輪。酷いことになるは必定。オリンピックならぬマゾリンピックである。開催中に今回のような巨大ハリケーンが来たらどうするつもりだ。もしもそうなったら安部ちゃん、次の任期はないものと思え。今のうちにとっとと辞めろ、どこまで宰相の座に居座るつもりだ。韓国の文もバカだがてめえもバカだ。韓国との国交を危うくしてはならない。国交正常化のためにも、二人揃ってとっとっと失脚してくれ。同じ長州人として私には、長州の恥・安部晋三に対して言いたいことが山ほどある。今回の改造内閣には全く期待できない。またお友達内閣で固めやがってボケ。今終わらずとも、来年の令和五輪の失敗をもって安部の天下は終わりを迎える、それだけは確かである

この記事へのコメント