№3525 所詮は匿名~私だけの記録78~

 ネットをやっていてこう言うのも変かもしれないが、ネットには何の影響力もないと思う。炎上ということをよく聞くが、いったいどういう意味なのだろう。なんでこのブログは炎上しないのだ。たとえば、靖国神社をぶっ壊せと言ってるのにどうしてネトウヨどもは非難に来てくれないのだ。僕は、匿名で書かれたものに全く意義を感じない。内部告発以外でなされる匿名の発言なぞ、何を言ってこようがへのかっぱだ。名前も明かさずにどれだけ批判しようと俺は無視するだけだ。そういう俺だからむしろ炎上しないのかも知れないが、そもそも、ネットという場でブログという手段で自らの意見を綴る覚悟を決めた人々が、どうして炎上ごときでびびってブログを閉鎖したりするのか俺には全くわからない。悪口や非難なんてものは頭から出た紙つぶてに過ぎないのである。そんなもんが千こようが万こようが、いちいちおたついてんじゃねえ。

 俺はこのブログで、歌人どもをさんざん挑発している。しかし、全く、反論の一つとして来ない。反論が来たとしても、歌壇の問題を深く指し示したいと思っているのだが、反論が来ないのでは俺の言いっぱなしで終わってしまうではないか。俺を無視することが俺への返答だというのなら、歌壇はもう終わりである。加藤治郎よ、あれだけ散々言われておいてどうして何も言ってこないのだ。そんなに俺が怖いのか。無視するのが一番効果的な反撃だとでも思っているとしたら大間違いだ。このブログの読者数の多さは、無視できない歌壇的事件なのである。このブログは毎月2000人以上の歌人と政治家に読まれており、それなりの影響力を持っている。それを無視する小心者の歌人の集まりである歌壇に未来はない。

 有象無象が寄り集まってリンチよろしく悪口雑言を浴びせて来たところで所詮は匿名でしかものの言えない低脳の腰ぬけである。炎上被害に遭われたかたがたは、そんなのにいちいち過剰反応することはない。削除するのが大変だというのなら削除しなければいい。「再生数の増加に貢献ありがとうございます」と書いて澄ましていればいいだけの話だ。俺だったら大喜びするぞ。なんで炎上しねえんだよちくしょう(泣)。

葉月再生マイビデオ

4日 「銀座化粧」(昭和26年新東宝、成瀬巳喜男)
7日 「野良犬」(昭和23年東宝、黒澤明)
10日 「破戒」(昭和34年大映、市川崑)
13日 「少年」(1968年東宝、大島渚)
16日 「浮雲」(昭和30年東宝、成瀬巳喜男)
20日 「ゆきゆきて神軍」(1983年疾走プロ、原一男)
22日「簪」(昭和16年松竹、清水宏)
24日「流れる」(昭和32年東宝、成瀬巳喜男)
26日「海の若大将」(1965年東宝、古澤憲吾)
https://www.youtube.com/watch?v=IQSUpF23VK8&t=10s
28日「生きる」(昭和27年東宝、黒澤明)

この記事へのコメント

  • ノーヒット&アウェイのみ戦法

    弁護士も開業して名前だしてるなあ。みんな勇気アルアル。
    2019年09月07日 05:23