№3068 啄木と英雄~吟遊詩人のギター~

 私が短歌を始めて、今現在結社誌、総合誌で活字化された歌は、2054首。それらの歌はすべてノートに記録してある。読み返していて、なんと素晴らしい歌ばかりなのだろうかと自己陶酔に浸る。僕は、日本短歌史上最も優れた歌人は石川啄木と、黒田英雄であると断言する。啄木の後継者は黒田英雄であり、他の現代歌人の誰一人としてこの称号を受けるに値する者はいない。

 僕が歌集を出すとすれば、その体裁を、青磁社刊行「ウオータープルーフ」(沼尻つた子)のそれに倣いたいと思う。まず、版型は手ごろなポケットサイズ、ソフトカバーで全体的にちょうどいい厚さ。やたらとハードカバーで厚くて重くてめくりにくくて持ち運びしにくい、そのへんの歌人だの自称歌人だのが大枚はたいて出すくだらない歌集に比べて、携行しやすく開きやすく親しみやすく、その分装丁に金を使えるせいか表紙まで美しいと一石四鳥のすばらしさである。

 歌集というものの存在価値を考えたとき、そこに分厚さや人が殴り殺せそうな固い表紙は必要ではない。歌集というものは、ポケットに入れて携行され、折に触れて開かれ、しまいにはボロボロとなって、読み手の心の中にのみその美しい詩の数々を刻み付けるものなのだ。さながら、旅する吟遊詩人のギターのように。歌集は銅像でもないし記念館でもない。読み手の心の中にのみ、その碑を残すべきものだ。僕の持っている啄木歌集は第何百版めかの岩波書店版だが、その価値において初版なんぞよりこの普及版のほうがはるかに優れている。

 こうしている今、石川啄木と僕は似ているとしみじみ思う。これは決して自画自賛ではない。現に、歌壇の中で、啄木を彷彿とさせる歌人が他にはいないからだ。黒田英雄を除いては。短歌を、吟遊詩人のギターとして奏でるのは、過去においては石川啄木、現代においては黒田英雄の他にいないのである。本当に、現代短歌はつまらない。本当につまらん。

この記事へのコメント

  • 藤原 岳

    啄木の歌はいいですね。黒田君の歌とはすこしというよりも大分かわっている。
    境涯  啄木  世渡りが下手で苦労している
        黒田  煙草などで身がだめになっている

    才能  啄木  歌えば名歌があふれる
        黒田  正直いって未熟なのだが玉石混交で放却もせず

    性格  啄木  純心で素直
        黒田  ああ言うたらこう言うの愚鈍

    人生  啄木  夢をいだいて笑うかのよう
        黒田  人の胸に花咲くことを知らない

    演劇  啄木  身をもって真実を演じた
        黒田  馬の糞の臭いのなかで泣いた

    未来  啄木  矢車の花見つめて
        黒田  人生でなすことを知らない

    恩寵  啄木  赤き落葉は水の中で光る
        黒田  アーメン  神は愛なり  
    2017年04月21日 00:12
  • ひでお

     たいへんに有難いコメントである。コメント子の私の短歌に浴びせた罵倒は、そのまま啄木短歌への賞賛なのです。私への批判は、そのまま啄木になぜ魅力があるかと言う謎への解答となっているのです。コメント子ご本人は自覚しておられないでありましょうが(笑)。啄木短歌のどこにそんな浅薄な美しさがあるというのか。啄木の歌に充ちているのは独断と欺瞞とどうしようもない自尊心であり、であるからこそ読む者の胸を打つのであります。僕は、啄木は傲慢であるからこそ好きなのであります。現代の歌人の中で、啄木ほどの傲慢さを持った歌人はこの黒田英雄をおいて他にない。私は傲慢であり、なおかつ歌人だ。その点において、僕は啄木と比べてまったく遜色がない。

     藤原岳なるペンネームをお使いになっている馬鹿様。そこまで短歌のことがわからないなら、とっとと業界からお去りになるがよろしいでしょう。姑息な手段で正体を隠そうとしておられるが、見え見えであります、似非聖職者気取りが。貴方は坊主でもなければ住職でもありません。どうせろくな修行もせずに僧籍を金で買っただけの薄汚い俗人でしょう。僕に喧嘩を売る以上、これくらい言われるくらいは覚悟の上でしょうから、反論を楽しみにお待ちしております。
    2017年04月21日 22:36
  • ひとりの尼僧 蓮明

    たいへんにおもしろいおふた方の言葉あそびのように存じあげます。
     似非坊主様
           多分、黒田様を良い方に受け入れておられるようですね。
           わたしに免じてお許しくださいませ。

    黒田様
           この世でお相手くださる似非さまに感謝してくださいま
           せ。ご無理と存じますが。
    2017年04月21日 23:29
  • ひでお

    今度は女性を装っての自画自賛ですか。ええかげんにしなさい(笑)。もしもこの「尼僧」氏が女性かもしれないと考えたとしてもそれはありえない。なぜなら、僕と違って自称藤原岳氏の意見に与したり感動したりする女性は生物学的に存在しないからである。「尼僧」様、もしもそうでないというのなら、御自分が存在するというまごうことなき証拠を提出してください。さもなければ、貴方は馬鹿自称坊主の変装であると断定させていただきます。偽名など使わず、Y・Oとちゃんと名乗りなさい。さもなければ、以後貴方のコメントは反映させることなく削除させていただきます。
    2017年04月22日 23:46