№2912 石田純一の進む道~東京一区~

 都知事選、石田純一立候補に驚いた人も多かったかも知れないが、僕は「ああやっぱり」と納得した。彼の発言の中で、政治に関するコメントがちょこっと漏れていたことがあって、この人政治に興味があるんだと僕はずっと思っていた。基本的に、女好きは政治が大好きなのだ。今度の都知事選に関しての彼のリスクは大きい。奥さんが泣いて政治参加を止めて欲しいと頼んだ気持ちはよく分かる。CM打ち切り料を払うため、家を売るところまで来ているというニュースを聞いて、石田のやる気の真剣さを感じた。彼を批判する人は多分いないだろうと思う。

 彼は、衆議院選にこそ出馬すべきだ。選挙区は、ろくな候補者のいない東京一区。ここは惚れ惚れするほど下らん候補者揃いでたまらん。自民党のバカ女と、民進党の海江田某、あとは公明や共産のバカ政治家。もう入れる人がいない。ぜひ石田純一に立っていただきたい。所属政党は落ち目の社民党で。石田の思想と社民党のそれは一致するはずだ。石田純一は社民党の党首となって、政権への抵抗勢力として生きていただきたい。野党各党は、政治家石田純一を迎え入れるべきだ。石田純一は東京一区だからこそ映える政治家である。僕は、今回の立候補とその断念に関しては、理解できるし、石田純一という男に大変好感を持った。衆議院選にこそ出るべきだ。東京一区は貴方を待っている。 

この記事へのコメント