№2756 吉川宏志氏への再反論~300部う?~

 今日は、「塔」九月号名歌選をやろうと思っていたのだが、またまた予定を変更する。吉川宏志氏のコメントによれば、僕は「塔」に関して誤った情報を「書き散らした」ので、僕に「できる範囲」でのきちんとした対応を期待なさっておられるのだそうだ。なお、コメント欄でお詫びしたくらいでは済まないのだそうだ。言っておきますが、僕が「塔」に入会したのは「令月」刊行後のことであり、当時の状況などは知るよしもなかったことです。遺歌集出版にあたって寄せられた真中朋久氏の文章から当時の状況を推し量るしかなかったことのどこが僕の責任でしょうか。あの文章を読む限り、当時の「塔」が「令月」を無視し黙殺したのだなという以外の意味を汲み取ることは不可能です。当時「令月」への歌集評が「塔」本誌に載ったことは確かに知りませんでしたが、それをもって田中氏を正当に遇したと「塔」が考えるとしたら、真中氏の「私たちは何をやってきたのだろう」という慙愧の念はいったいどこから出てきたのでしょうか。このあからさまな後悔としか思えない一文を読んで、僕が「『塔』は田中雅子を黙殺したのだ」と解釈したとして、そのどこか「それなりの責任」を取らねばならないような重罪でしょうか。「塔」が田中氏を不当に冷遇したという認識があればこそ、真中氏は「青いコスモス」の出版に尽力したのではないでしょうか。むしろその事実こそが、残された者が罪悪感を抱かざるを得ないほどの冷遇を彼女は受けたのだという証拠ではないでしょうか。僕は「令月」の素晴らしさをこのブログで書いたし、真中氏は遺歌集の出版に尽力された。では吉川さん、貴方は田中雅子と「令月」のために何かなさいましたか?

 次に、「塔」の出版部でも何でもない僕に対して、「再版したら300部買え」とは、またなんという情けないおっしゃりようでしょう。僕は、「塔」という組織を信頼し、その実績と歌壇への穏健たる影響力をもってすれば「令月」を再刊できるだろうと願っているのです。それを何ですか、一介の、無名の、ヒラ会員の、無力でなんの影響力も持たない老いた病人に「300部買え」? あまりにも子どもじみたおっしゃりようであり、ここで議論されている内容とはまったく関係のないことです。今回はっきりわかったのは、僕や真中氏ほど吉川氏は歌集「令月」を愛してはいないのだな、ということです。今回のコメントには心から失望しました。貴方はもっと心根の丈高いかただとばかり思っていたのですが。「300部買え」には、失礼ですが思わず吹き出してしまいました。ヒラ会員の一人として、また歌壇に何の影響力も持たないものとして、真摯かつ素朴な意見を述べただけのことで「そこまで言うなら予算を出せ」に等しいことをおっしゃるとは。これが政治家が政治を批判する人に向かって言ったことなら無能以外の何者でもない。安倍政権を批判する資格はありませんね。また僕がそう言われてびっくりして引っ込むと思っておいでなら、明らかにパワーハラスメントであります。そのような言い方で怯えたり意見を差し控えたりするような男ではないとご承知おきください。

 再度申し上げますが、吉川宏志氏は僕ほどには「令月」という歌集を愛してはいない。そのことが確認できただけでもこの論争には意味があったと思います。僕は思い込みが激しく、好きな歌や歌人や歌集のためならとことんまで戦う人間です。吉川宏志さん、貴方が戦い、守ろうとしているのは、どうやら僕のそれとは大きく異なっているようですね。

この記事へのコメント

  • 吉川宏志

    吉川です。
    間違ったことを書いたのですから、きちんと謝罪することは必要でしょう。自分の知らない時代のことなら、誤ったことを書いてもしかたがない、という態度は、文章を書く人間として最低のものだと思います。
    歌集の出版は、大きなコストがかかるし、誰が在庫を管理するのか、など、さまざまな問題があります。それをまったく考えず、「塔」で出せ、というのは、非常に無責任ではありませんか。短歌結社は、会員全体の合意のもとに運営されています。黒田さんのほうで、さまざまな活動をして、多くの賛同者を集める、という方法をとらないかぎり、私が勝手に決めるということはできません。そうしたこともご理解できないでしょうか。
    自分は何も負担したくなくて、他人まかせにする、という態度を、私は残念に思います。
    黒田さんが『令月』の再刊をする運動をやっていただければ、私も個人的にご協力します。まず、自分が努力する。それが、願望を実現するためには最も大切なことではないでしょうか。
    具体的な方法も書いておきます。再刊に賛同する人を、ブログなどを使って、なるべく多数集めてください。それから負担額を決め、出版社に相談する、という流れになります。ご活躍を期待します。
    2015年09月28日 12:42

この記事へのトラックバック