№2159 個ではなく集で生きる民族の醜さ

 学校教育の場に充満するビンタの件に、いまだ拘っている。なんでこんな暴力が許される教育現場となったのか。また、ビンタを受けるスポーツ選手のほとんどが、「愛の鞭」と感じているらしい。なんでこんな阿呆な生徒がはびこるようになったのか。

 昭和24年生まれの知人二人、昭和30年生まれの女性の知人に聞いてみた。たとえば、宿題を忘れたからといってビンタなんてあった?ビンタが普通だった?と訊いたら、三人とも、信じられんとまったく僕と同じ答えだった。決して僕が特別に恵まれた環境にいたわけではないのだ。思えば、昭和34年製作山本薩夫監督の「人間の壁」では、ビッコの生徒をからかっていた児童二人を、宇野重吉扮する教師が、かっとなって二人にビンタを張り、教師を首になるというエピソードがあった。体罰が問題となったからだ。もちろんこの教師はヒューマニストであり人望が厚かった。今は、かっとなって殴るのではなく、計算して殴っているというとんでもない教師がいまだにたくさんいるということだ。学校は、陸軍の内務班かよ!と言ったら妻が、「そうだよ。日本の学校は軍隊の予備校だよ」とぬかした。そう認識させられてきた環境とはいかなるものか。

 僕らの時代は、クラスに50人もいた。しかしなぜか、クラスはまとまり、クラスごとに特徴というものがあった。当時は、30人40人学級が夢だと日教組の連中がほざいていたが、今、その夢が現実となって、30人学級となったのに、なんで体罰が横行しておるのだ。政治うんぬんもあるかもしれないが、やはり環境の一変も大きいのかもしれない。僕らの時代には、遊び場としての自然がたくさんあったし、その中の友人関係で、確かに人間性がはぐくまれていった部分がある。今の子どもたちがかわいそうだと思うのは、たむろする場所がまったく無いということだ。じっくり友達と話し合える場所がない。金がなければ遊べない。そういう現状の中で子どもはサルと化し、学級崩壊を招き、それを防ぐ簡単な手段として教師が暴力をふるい始めたのかもしれない。殴ってる教師も、殴られた経験がたぶんあるのだろう。

 桜宮高校の生徒たちの、教師を擁護する発言には驚いた。多分彼らにとって、自殺した生徒なんかどうだっていいんだろう。自分たちの将来のことだけを考えて教師を擁護しているんだろう。教師も生徒も実に身勝手であり、腐りきっている。これをエゴイズムとは呼ばない。ただ単に腐りきっているだけだ。日本はどっから間違ったんだろうか。日本人は、理性を支えるだけの精神的強さがあまりにも足りない民族だ。個ではなく、常に集なのだ。だからこんな事件が後を絶たない。ビンタを受ければ殴り返せばいいのだ。それがたとえ、肉親であろうが教師であろうが友人であろうが構わない。

来るだろう死の周辺は嘘ばかり愛する人が待ってる ばかな 大橋麻衣子

この記事へのコメント

  • 学校って綺麗ごとなんかはないですね。
    私はたぶん黒田さんと同世代だけど、小学校は体罰だらけ。宿題忘れたらみんな廊下に並ぶ。先生が一人ひとりビンタしてゆく。
    何か先生の機嫌を損じたら、バケツの水に足を入れて(冬の場合)、職員室の廊下に立たされる。バケツの水を頭に掲げて一時間立ってる、とかあの手この手の体罰尽くし。大変なものでした。その先生、大学出たての若い女先生。大真面目に体罰やってましたね。
    中学校入ったら、先生たちやる気なしのバカばっかりだから、なにもなし。三時過ぎたら、職員室は空っぽなんです。誰もいない。体育の部活も先生いないから、体罰もなし。
    高校でやっとまともになった。救われた。
    2013年01月29日 18:10
  • ひでお

    それもまた凄い話ですね。いったいどこの県ですか。
    2013年01月29日 23:25
  • ゆふ

    小さい頃、こどもの遊び場なので大人は口を出さない所がありました。私だけ年が離れて小さいので、叩かれたり蹴られたりでしたが、中学生くらいの人が仲裁してくれました。
    三年生で引っ越した所では兄弟姉妹の関係とか近所で年が上な人がいろいろ。自分達で遊ぶルールはできますが、能力不足を補ってくれました。

    中学生までは呑気でしたね。校舎の梁に登って喜んでいる子に

    「お前は猿か、授業始まったで降りろ」「降りるの怖い…」「そんなら登るな、じっとしとれ、脚立持って来る」平屋なのでクラスの花壇やそれ以外に農作物を作ってある所がありました。花壇は自分達で世話しますが、なんとなくいい気分かします。
    2013年01月30日 13:48
  • 一読者

    結局、ことなかれ主義というか……寄らば大樹というか……。つまりは、保身と自己利益なんですよね。だから、多数派に付いて、群れたがる。もっとも、個人主義では生き辛い世の中かもしれませんが……。

    もっと、自営業や自由業などで生計を立てられる人間が増えてゆかないと、腐った組織主義はなくならない気がします。組織に属するという生き方以外で、生活していける道がなければ……。だから、生活を人質にとられて、サービス残業を課し、死ぬまでこきつかうという使い捨ての思考も出てくるわけです。その貧乏くじをひかないために、組織内で要領よく立ち回って、他人をその位置に追い落とす。そして、自殺したら責任逃れ。やはり、異常な状況だと思います。資本主義も行き着くところまで行ってしまった感があります。長文すみません。
    2013年01月30日 21:19
  • ひでお

    いや、資本主義が悪いのではなく、資本主義を正しく運営する個人主義が徹底していないのです。だから、馬鹿が出世するシステムができあがり組織が腐敗するのです。日本も、根本的に変わっていかなければならない時期です。
    2013年01月31日 21:15

この記事へのトラックバック