№3603 水久保澄子

      澄子      黒田英雄 欺かれし華は散りゆき何処へや銀幕(ユメ)より逐はれ水久保澄子よ 水久保よ存ひをれば八十八(はちじふはち)君恋ふる我ゆめ知らぬまま 蔑されて醜業ひとしきレビュー子は脛を潜めて虚業へ流る 右目下に隈のかそか映り見ゆ家族(うから)の生計(たつき)支へし少女の 背水の陣にて撮りし『蝕める春』成瀬と水久保コンビでヒットす 『君と別れ…

続きを読む