№3521 「塔」八月号・陽の当たらない名歌選2~餓死~

      「塔」八月号・陽の当たらない名歌選2 くらげには気持ちがあると主張する子らを照らして月がかがやく 楠 藍 砂場から足跡だけが旅に出て滅びゆくもの見たのでしょうか 梅津かなで 帰りゆく後姿を焼きつけてそのままにする眼鏡のくもり 田島千代 つとつとと雨降り止まず つととつと今日は泣き止む必要もなし 亀海夏子 夫のまえ言荒く子を叱りおり だれかを責めたい夕闇にいる 松本志…

続きを読む

№3520 大東亜戦争=令和五輪

 最近のオリンピック報道には失笑するしかない。某番組で、「夏にオリンピックなんて、問題はありはしないだろうか」という発言があり、それに対して、「今さらそんなこと言ってもね」というのが司会者の返答だった。俺はもうあきれ返った。お前ら、ことここに至るまで何を言った、何をやった。ひたすら東京都の大本営発表に追随するだけで、五輪を招致してる間、批判するフリすらしなかっただろうが。何が「今さらそんなこと」…

続きを読む

№3519 俺が悪いってか?

 今日は、書こうと思っていたことの予定を変更して書く。新宿に用があり、それを済ませた後、紀伊国屋地下のラーメン屋「ぶ×か」に入り昼食にする。僕がこの店に最初に入ったときは、ラーメンと餃子を頼んだ。この店のラーメンは、不味いというわけではないが、麺が太い。僕はラーメンの麺が太いのが大嫌いなのだ。だが、餃子のほうはすこぶる美味であった。小ぶりだが、一口噛めば汁の滴り落ちるうまさである。皮にもたっぷり…

続きを読む