№3455 「塔」四月号・陽の当たらない名歌選2~帰省~

      「塔」四月号・陽の当たらない名歌選2 国民からの許可なく五輪を買つて来た男らの隠(こも)る〈宮邸(みやてい)〉トイレ 河村嘉仁 そうか そうか待っていたのだ冬の蝶君の墓石に羽をやすめて 潮見克子 人は死ぬ、ならば産むのも殺人と言うみみちゃんと餃子を食べる 梅津かなで 臨月のお腹をさすれば産むという選択しかない幸せのあり 王生令子 肉体に宿っていないものなどを思って掬…

続きを読む

№3454 後味の悪い平成最後のGⅠ~第十六話「ベルリンの壁」~

 平成最後のGⅠ、実に後味の悪いレースとなった。パドックでのエタリオウは最高。フィエールマンが入れ込みがあって大丈夫かと思った。まずエタリオウは軸鉄板と僕は読んだ。と、ところがである。スタートして縦長のレース展開を見て、最後方に一頭、ぽつんと走っている馬がいる。こいつはダメだなと思いつつ、エタリオウを探していたら、ななななななんと、その最後方のぽつん馬こそ彼であった。モニターを見ていた馬券者たち…

続きを読む

№3453 ステイゴールド産駒勝つべし~天皇賞春GⅠ~

 天皇賞春、過去6勝15敗。非常に面白いレース。明日は、もろステイヤーの馬が勝つレースである。軸はずばり、エタリオウ。ステイゴールド産駒らしくなかなか勝てない。最強の一勝馬。明日の展開は、彼にとってベストだろう。ここは勝って欲しい。いや、勝てる。この馬が絶対の軸。相手は当然、フィエールマン。明日は有力な先行馬が四頭もいる。楽な流れにはならない。菊花賞が実質的に1800mのレースになったのとは訳が…

続きを読む