№3424 「塔」二月号・陽の当たらない名歌選2~想い出は心の中に~

      「塔」二月号・陽の当たらない名歌選2 時刻表を指でたどっておりてゆくわたしの影がつぶすひだまり 椛沢知世 わたしよりわたしを解る人とゐて秋のひと日を丁寧に生く 古賀公子 砂浜を歩いて「みたい」と思うだけ靴を気にする大人になった 松岡明香 たらちねの歌っているというよりも遠吠えに似る母の熱唱 北山順子 人世は暇つぶしと言う友と行く栗を拾いにくるみ拾いに 田中さよ子 …

続きを読む

№3423 work&walking~京マチ子~

 現代は、嫌でも生かされる。寝たきり老人にならないための基本は、歩くことだ。去年の私の、外での歩いた歩数は、2001267歩。一日平均、5482歩。これは、私が仕事をしているから達成できることである。仕事をしている人の歩数は、最低でも一日あたり6000歩以上ある。最高で一万歩を超える。しかるに、仕事のない日は、いくら用事を作り出して頑張っても、最高5000歩台が限度だ。日本政府に望む。健康な老人…

続きを読む

№3422 後読みロングセラー

 僕は、2017年11月22日から、美容院で髪を染め始めた。市販の白髪染めを使って三週間に一回、妻に染めてもらうのがいいかげん面倒になったからだ。僕は、70以上の老人が髪を染めるという寒々しさを良しとして、自分もそうなろうとして美容院へ行った。美容師Nさんが、「私に任せてください」と言ったのでお任せした。ブラウンとオレンジを、彼女なりのセンスでまとめた染め上がりだった。それが、私の髪を見た学生が…

続きを読む