№3408 小室某のいかがわしさ

 愛知杯、9点流して負けた。ショックだが、それも競馬。今週は、きさらぎ賞をやろうと思っていたが、なんとたったの七頭立て。いくら何でも出頭馬が少なすぎる。ならばここは回避して、タワーオブロンドンが気になる東京新聞杯に行く。ただこのレースも、9点ぐらい買う予定だが、まさかまたしてもの紐ハズレなんて、ないよな!? 勘弁してください(笑)。  眞子様の婚約が取り沙汰されているが、もうこの縁談はやめ…

続きを読む

№3407 「塔」一月号・陽の当たらない名歌選2~牛乳石鹸~

      「塔」一月号・陽の当たらない名歌選2 はだかん坊野を駆け抜けるちちははの死んでしまへばみんなみなし子 山下好美 ほどほどでこの世去りたし父母が逝きてこの身の軽くなりたり 西村清子 なつかしさはどこから湧いてくるのだろうナイキの白にしみる雨つぶ 落合優子 さくらさんが素手で涙で拭いたる化粧っけなしの顔は本物 一色さくら 使うたび自己主張せし角の取れ それでいいのか牛乳…

続きを読む

№3406 今年は紐荒れ?~愛知杯GⅢ~

 軸馬を選ぶことすら難しい愛知杯。今年はどうかと眺むれば、ちゃんと軸馬はいた。ノームコア。紫苑ステークスは強かった。エリザベス女王杯は、不利があっての五着。斤量55キロは、恵まれた。鞍上は、阪神・府中を蹴ってここにやって来たルメールだ。勝てるという自信があってこその騎乗であろう。鉄板の軸、と思ったが、なななななななんと、調教が軽い。これはいったい何なんだ。一抹の不安を抱えながらも、彼女を軸とせざ…

続きを読む