№3276 ヤクザと議員

 どこぞの元市会議員が、親戚とめしを食っている最中に発狂して、なぜかカバンから出刃包丁を取り出して、刺すにしてももっと強そうなのを刺せばいいのに一番弱い四歳の子どもを刺して殺したそうである。  この元市会議員は、「議員」とつけばさぞかし偉い人だとみなは思うかも知らんが、議員である当時から「どっかおかしい奴」と見られていたそうである。この「どっかおかしい」を単なる偏見で片付けてはいけない。完…

続きを読む