№3279 昭和39年の栄光~星由里子~

オークス、大外れ。リリーノーブルが二着に来たのにはちょっと感動した。だって彼女、初めてラッキーライラックに勝ったのだ。しかし一着はアーモンドアイ。僕が無視したリリーノーブルも運のな い馬だと実感した。競馬に負けるというのはいいことかもしれない。札束が消えるたび、わたしの体が軽くなっていくような気がする。ギャンブルでまけ続けてて破滅すればいいのだ。「落陽」の親爺みたいにな。  昨日に続き、…

続きを読む

№3278 絵に描いたような銀行馬券の緊張~オークスGⅠ~

 明日のオークかス、1993年のヴェガ、ユキノビジン、マックスジョリー、そして2014年のヌーヴォデコルト、ハーヴスター、バウンスシャッセに継ぐ三強の勝負になることは間違いない。今年の三強は、前二回よりも強力である。アーモンドアイ、彼女はダービーを使ってもよかったというほどの逸材。ラッキーライラックも強い。サトノワルキューレ、前走フローラステークスの一分59秒5という2000のタイムは秀逸。この…

続きを読む

№3277 星由里子は死なず。

 星由里子が逝った。もう、大ショックだ。過去、この日記の№310、「不運の女優星由里子小論」というものを述べたことがある。これはあくまでも理屈であって、彼女の映画女優的評価を貶めるものではない。星由里子は、昭和39年、子どもだった私に強烈な印象を残す作品に出演した。「モスラ対ゴジラ」「三大怪獣地球最大の決戦」。彼女の役柄は、新聞記者、そしてテレビマン。子ども心にも鮮烈に印象を残すスターだった。そ…

続きを読む