№3187 「塔」11月号・陽の当たらない名歌選その2~星の眼~

      「塔」11月号・陽の当たらない名歌選その2 こんなさびしい文月の夜をしいしいと星の眼をもて魚類の泳ぐ 篠原廣己 幸せを「ドラマ」と呼んで空っぽのスーツケースを抱きしめている 頬 骨 インスタントラーメンの吸うお湯くらい有益なかんじ、きみにあげたい 中森 舞 いはぬこと多きひとならむ まなざしのなかの木漏れ日をそのままに見る 小田桐 夕 釜めしが入っていそうな骨壷にイ…

続きを読む

№3186 パチンコ屋と白鵬

 ジャパンカップ、シュヴァルグランさえいなければ、私には大金が舞い込んでいた。僕にとっては未だにジャパンカップは、的中したとはいえ、ほぼプラマイゼロのちょい勝ちという結末のショックがぬぐえない。JCの府中の空に鰯雲が波打っていたのが印象的だ。実に綺麗だった。ところで、昨日の府中競馬場、いったい何人の人が来たのだろうか。十万人以上なのではないか。とにかく、払い戻しのスペースがめちゃくちゃ狭かった。…

続きを読む

№3185 ジャパンカップ>凱旋門賞~強欲、北島三郎~

 三連複押さえ、1-2-4、1300円的中。私の今の心は、50億円賭けて作った映画「天と地と」の配収がきっちり50億円だった、角川春樹プロデューサーの気持ちだ。今回のJCは、過去最高の投資額となった。ガミにならないように気を配ったからだ。負けるわけはないと思ったが、まさかレイデオロとキタサンブラックが二着三着とは夢にも思わなかった。にしても、JCは面白い。外国馬が駄目になったころからJCが面白く…

続きを読む