№3057 「塔」三月号・陽の当たらない名歌選2~マリアの涙~

      「塔」三月号・陽の当たらない名歌選2 眠りたくて祈りのように傾けた首はすべり台のさびしさだ 高松紗都子 君の汗タトゥのマリアの涙になりて下に敷かれた吾の胸に落つ 武田夏紀 きっと今彼女ははこの世に一人にて背中をさする助けくるまで 中井スピカ 遠くから吾を見かけたとメールあり祭りの雑踏ひとり歩くを 加茂直樹 寡黙なのは疲れているせい戻りきて夫の眼鏡は何を見てきた 石井…

続きを読む

№3056 「塔」短歌会の劣化

 日経賞、オッズから人気のレインボーライン、ディーマジェスティを切って、馬連六点で勝負する。上位三頭は全部買ってた。しかし、肝心の単賞100円台の一番人気、ゴールドアクターが直線でヘタレやがった。彼にとって最高のレース展開だと思ったが、もうこの馬は終わったのかもしれない。五着はないだろう(泣)。八連敗。ちょっと変だ。年間プラスを達成した年の翌年はひどい成績になるものではあるが、それにしてもあんま…

続きを読む

№3055 とにかく連敗ストップ~日経賞GⅡ~

 年明け七連敗。こんなことは今までなかった。明日の日経賞は、的中だけを考える。とにかく今年になって味わったことのない、的中という快感を明日はしっかり味わいたいと思うのだ。そういうレースに合っている。軸は間違いなくゴールドアクター。彼が負けたらもうしょうがない。  日経賞は、14頭以上の馬が出走するとき、必ず荒れるというデータがある。一番人気のゴールドアクターが来ても、紐が荒れるということだ…

続きを読む