№2988 塔<未来

 僕は、短歌という短詩形は、極私的趣味の文学だと思っている。つまり、駄目な歌は誰が見ても駄目だが、いい歌というのには多様な読者と解釈がつくのである。それは、選んだ歌人の過ぎゆきの生き方の問題であり、哲学にも及ぶだろう。歌人諸氏に問いたいが、各選者の選歌を見て納得している人が何人いるだろうか。なんべん読んでも理解できない歌を選者が取り上げているという例がいっぱいある。私の名歌選にしても、くだらんと…

続きを読む

№2987 競馬~生きていく励み~

 ジャパンC惨敗。競馬場へ行って、胸キュンキュンでファンファーレを聴いたが、リアルスティール惨敗。私の馬券パー。私の予想に乗った三人の知り合いの馬券もパー。リアルは、スタートでかかっていた。後方待機で直線勝負と思っていたが、二角カーブでなんと4番手追走。やばいな、と思った。当然直線失速、私のG1V3の夢は水泡と帰した。というか、G1三連勝なんてそうそう出来るものではないのだ。この恨みは来年のJC…

続きを読む

№2986 実力馬がしっかり勝つG1!~ジャパンカップ~

 以前は軽視していたが、最近僕はジャパンカップが好きになった。なぜなら、力のある馬が勝つレースだからだ。力のある馬を見極めるのは競馬者であり、時々それが違うときがあるが、馬の責任ではない。今年の前売りもオッズも、ちょっとおかしい。だから、私は勝てるかもしれない。自信のレース。  まず人気馬を見る。一番人気キタサンブラック。最内枠。陣営は喜んでいるようだが、京都と違って府中2400はそんなに…

続きを読む