№2916 「塔」7月号・陽の当たらない名歌選1~原発と野良犬~

      「塔」7月号・陽の当たらない名歌選1 振り向けば振り向かず行くきみがいて駅はいろんな音が聞こえる 宇梶晶子 白木蓮は大き花なり道に落ち自転車の輪に踏まれるときも 福西直美 死ぬことと死をおもうこと開かない踏み切り前で考えている 橋本ゆみこ まっすぐになるまで花輪を置き直すその手は真実だと思いたい 黒木孝子 トンネルは独りで歩いて出た方がきっと素敵な景色に逢える 畑 …

続きを読む