№2914 「短歌人」七月号会員欄秀歌選その134~若さとは驟雨~

      「短歌人」七月号会員欄秀歌選その134 衝撃に跳ね起きたる娘(こ)の背後にぞ箪笥は倒れ命抱きしむ さとうひろこ ゆでたまごのらたいにしおにつぶとけてはじかれぬもののこのすなおさよ 鈴木杏龍 気がついたらゐなかつたと言はれながら逝きたきものを唐突に雷 松岡圭子 揺れ止まぬ暗やみにして声かけあふテーブルの下に肩を寄せ合ふ さとうひろこ 震度六強闇のなかに降る砂塵止まざる…

続きを読む