№2864 「塔」4月号・陽の当たらない名歌選1~汚れたソックス~

      「塔」4月号・陽の当たらない名歌選1 どちらからともなく途絶えそれきりのレイコが居さうな最終電車 久岡貴子 痩せし身を幾重もの絹にくるみゆく和装とは武装と決めており 沼尻つた子 定型のかたちとしてスーツあり羽織れば顔の険しくなりぬ 香西柚茉 満州の馬賊のようなふたり来て喫茶店にて額を合わす 山崎一幸 魚割きて洗へど消えぬ生臭さマクベスの妻もかくのごとしか 大島りえ子…

続きを読む