№2862 安全な暗黒街「新宿」

オープンセットのやうな街だぜゆふぐれに黒き衣裳のエキストラ舞ふ 黒田英雄  この歌は、平成24年、「短歌人」12月号に載った歌だ。判る人は少なかったかもしれないが、オープンセットのやうな街というのは、新宿ゴールデン街のことだ。まさに、昭和の趣をそのまま残した飲み屋街である。僕は、「四季の路」を歩いてほぼ毎日ゴールデン街と接している。しかし、この飲み屋街に僕は行かない。今回の火事騒動で、ゴー…

続きを読む

№2861 「短歌人」四月号・会員欄秀歌選その131

      「短歌人」四月号・会員欄秀歌選その131 思ひきる手だてのなくて見つめゐる夕べの雪にうらおもてあり 松岡圭子 右ほほに薄じみひろがる古かがみますます母に近づいていく 高橋れい子 運転士せなをみせつつ泣きながら運転のひと日あるやもしれぬ 藤島朋代 道化師の白塗り落とす様を見て時折に見ておにぎりを喰ふ 角山 諭 かなしみを入るる器の容量は決まりをれりときみに応へぬ 松岡…

続きを読む