№2867 誹謗中傷される恍惚

 僕がいつも疑問に思うことがある。このネット社会において、ネットを利用している人間が、匿名の批判を怖がっているということだ。まずネットとは、悪意の総称になることは必然であろう。だって匿名で好きなことが書けるのである。匿名だったら誹謗中傷するのはもう当たり前だろう。そんな意見で怯むのなら、ネットにはもう参加しないがよろしい。僕は、内部告発以外、匿名の誹謗中傷など屁でもない。ネットとはそういう世界だ…

続きを読む

№2865 右翼芸者高市早苗

 経歴詐称がトレンドだが、きょう、「やっぱりな」と思える経歴詐称疑惑の記事を読んだ。高市早苗である。僕は彼女の経歴を読むたびに、非常な違和感を感じていた。曰く、「コングレッショナル・フェローとして、パトリシア・シュローダー下院議員の事務所に在籍し、議員立法やスピーチのための調査に従事した」だそうである。しかし、鳥越氏は「単なるお茶くみやコピー取りであって無給の下働きに過ぎない」と指摘した。僕は、…

続きを読む

№2864 「塔」4月号・陽の当たらない名歌選1~汚れたソックス~

      「塔」4月号・陽の当たらない名歌選1 どちらからともなく途絶えそれきりのレイコが居さうな最終電車 久岡貴子 痩せし身を幾重もの絹にくるみゆく和装とは武装と決めており 沼尻つた子 定型のかたちとしてスーツあり羽織れば顔の険しくなりぬ 香西柚茉 満州の馬賊のようなふたり来て喫茶店にて額を合わす 山崎一幸 魚割きて洗へど消えぬ生臭さマクベスの妻もかくのごとしか 大島りえ子…

続きを読む