№2825 陰険テレビ東京・石坂浩二の無念~私だけの記録49~

 今日、またしてもテレビのニュースからショックを受けた。実に生理的に嫌悪感を覚える事件だ。今田耕司が「なんでも鑑定団」の司会者になって、ずーっと石坂浩二がなんにも言わないことに違和感を覚えていた。思うに、司会交代によって石坂自らが余計な口を挟まず、ビジュアルな存在に徹しようと決意したのだと僕は思っていた。日曜の再放送を見ながらも、それでもなんだか変だなとは思っていた。今日、事実を知ってびっくり。…

続きを読む

№2824 改憲の重み

 甘利経済再生大臣の金品授受問題には、もうがっかりした。最低である。僕は、TPPというのは国際協調と平和の意味でも、絶対にやらねばならぬことだと思っている。甘利さんは実によく頑張った。最近の政治家の中で、僕には敬意を表していたのに、なんだこの体たらくは。企業団体献金はもう禁止すべきだ。個人献金のみにするのが筋というものだろう。それをしないから、こうした訳のわからない輩が政治家に忍び寄ってくるのだ…

続きを読む

№2823「塔」1月号・陽の当たらない名歌選2

      「塔」1月号・陽の当たらない名歌選2 さみしさをさみしさでなぐりあふやうな冬の電話の先の風音 浅野大輝 山に山重ねて青き野の果てにさらなる果てのあることかなし 千種創一 「自死だろう」魚屋の大将年末に自分でつくりしフグたべて死ぬ 石飛誠一 寂しさは失せゆくにあらず知らぬ間に体の底に透明に残る 中村蓉子 少女の日縊死の姿と思わざりきてるてるぼうずてるてるぼうず 小…

続きを読む