№2749 看護師と介護士

 今日、やっと抜糸し、久々の入浴に声をあげた。やっと一月からこっち悩まされていたお尻の腫れ物から解放された。僕は過去、五回入院した。その度に思ったのは、ナースというのは実によく働く人だなあということだ。特に夜勤のナースには頭が下がる。彼女らは、しょっちゅう鳴るナースコールに文句も言わず、患者の要望をに応えるのを聞いていて凄いと思った。  ナースの給料とはいったい幾らくらいなのかとちょっとネ…

続きを読む

№2748 無様な「少年A」

 やってくれたよ「少年A」。手記を出版したり、ブログを開設したり、こいつならやりかねんと俺は思っていた。少女の頭をカナヅチで殴って殺し、少年の首を校門に晒して楽しみ、何十匹という猫を惨殺したこのサイコパスが、たかだか数年の教育で更正するわけがない。担当医は、「騙された」といかっているが、こういう人権派の連中こそ国民の敵である。この男が、たった数年の教育でまともになるわけがないだろう!! 簡単にヒ…

続きを読む

№2747 「短歌人」9月号・会員欄秀歌選その124~アイロニーと固有名詞と怒り~

       「短歌人」9月号・会員欄秀歌選その124 目立たない教師が卒業の寄せ書きに「汝ら塵なり埃なり」と書く 牛尾誠三 とおき夜のとおき祠の慟哭のごとき音をあげ過ぎゆく四輪 鈴木杏龍 ヒトラーと呼ばれてやつとこの国の宰相としての仕事ができる 桑原憂太郎 いま一度読みかへす日のさやぐ聞く紙の時代をよきものとして 水原 茜 古き友死なば時間と空間がねじれたように人が集まる 野…

続きを読む