№2732「塔」8月号・陽の当たらない名歌選1~狂気と理性~

      「塔」8月号・陽の当たらない名歌選1 このやうにただ夏空のあることを思ふあなたのシャツを干すとき 西之原一貴 本当は俺は神かもしれないが黙っておこう人間だから 西之原正明 息苦し生きるはくるしぶちつけてガラス戸に全身を撲ちつけて 蜂 大野 檜 みんなしたくないのになぜかなくならぬPTAに呪詛の心湧く 荒井直子 呼び捨てて生徒を叱る女教師の脚の開きを壇上にみる 沼尻つ…

続きを読む