№2536 「塔」11月号・陽の当たらない名歌選2~ほめられなくていい~

      「塔」11月号・陽の当たらない名歌選2 ラーメンはひとりで食べにゆく夫が饂飩のときはわたしを誘う 倉谷節子 しあわせな歌が詠みたい誰からも全然ほめられなくていいから 田宮智美 また別の顔を見せをり花火の日は何かやさしくものを言ふ人 福田恭子 すれちがふこの人「人間(ひと)を殺したい」と思ふてゐるやも知れず 猛暑日 古屋冴子 打つ手なく抗癌剤切るという医師の夫の震える…

続きを読む