№2437 「短歌人」六月号・会員欄秀歌選その109~青臭き歌人を愛す~

      「短歌人」六月号・会員欄秀歌選その109 父母は倖せなのか宅急便のガムテープはぎ捨てる度問う 羽入田美雪 寡黙さと釣り合うように傘さして背中は濡れるための勾配 大平千賀 夕暮れの厨に明かり灯るころ待つことのみの人を思えり 橋本明美 七千歩を今朝も踏みこしスニーカーの紐しめ直す明日のために 板東榮子 ゆっくりと経読む僧は歌手のよう低音の声胃の裏に届く 平嶋由利子 ボ…

続きを読む