№2422 ずぶぬれ

 草餅みどり氏から、№2420の日記、「おぼちゃんの居直り」に対してコメントを戴いた。ありがとうございます。  おぼちゃんこと小保方晴子博士の学位論文の序文がどこぞからのまるまるコピーであるのは周知の事実であるのみならず、僕はその現物のコピーすらある筋から見せてもらったことがある(ヒント・あらゆる学位論文を自由に閲覧できる場所といえば・・・・・)。広末涼子と同じ、AO入試という枠で入学した…

続きを読む

№2421 「短歌人」五月号・会員欄秀歌選その108~抵抗の韻律~

      「短歌人」五月号・会員欄秀歌選その108 詩はさらに加速してゆく綱渡り芸人足を踏みはずすとき 木嶋章夫 正座する老婆の背筋の正しさは言はず語らず「自分史」を持つ 坂口 光 道の端にあくたにまみれ雪のこる生き恥とふは死語になりたり 松岡圭子 人の目を背に公園で飯を食ふスーツの男に雪降りしきる 牛尾誠三 結論をいわずあいづちだけを打つ小骨の多き女ぞわれは 有朋さやか …

続きを読む

№2420 おぼちゃんの居直り

 理研がおぼちゃんこと小保方晴子博士の論文捏造疑惑について、再調査をせずに処分を決定したことでまた、おぼちゃんのことが盛り上がっている。日テレの「ミヤネヤ」あたりは、理研を悪者にして、おぼちゃんを聖女にしようという魂胆がありありである。まあ、おぼちゃんネタでこの番組、視聴率高いからな。気持ちはわからんでもない。ただ僕は、理研のこの決定は正しいと思う。おぼちゃんの提出した「ノート」なるものを見たが…

続きを読む