№2175 おばけとスザンヌ・プレシェット

 日本人は、テレビでも食う食う、グルメ本も大売れ、とまさに胃袋人種と言っていいほど食い物の情報が溢れている。が、俺は全然興味がない。評判のものを食べたって、なんやこれ、という感じで、まずくはないけど、何度も食いに行きたいような料理なんて滅多にない。要するに、食欲をそそられるということが私にはないのだ。と、ところが。塔二月号、評論「鯨の歌を読む(前編)」松村正直を読んで、もうれつにはらがへってきた…

続きを読む

№2174 未だに一億総ザンゲ~「朝まで生テレビ」~

 久しぶりに「朝まで生テレビ」を観た。テーマは、「日本の教育」。なかなか面白かった。教育界の閉塞感は、日本の閉塞感であり、どの社会でも変わりないなと思った次第である。ただ、ちょっと気になることがあった。それは、スタジオに呼ばれた一般人の、体罰に関する感想で、主婦三人は体罰を受けたけどあれは私が悪かったので今は感謝しているとのたまい、若者の意見も、体罰に感謝しているというコメントだった。要は、自分…

続きを読む

№2173 「塔」2月号・陽の当たらない名歌選2

      「塔」2月号・陽の当たらない名歌選2 反日に荒れし中国より帰国して子は玄関に精悍に立つ 福井綾子 感情を飼い馴らしてはならぬから版画の暗さに冬が来ている 大森静佳 新人に作業内容教へれば地味な仕事と呟かれたり 香西柚茉 ありわらのゆきひらゆきひらゆきひらと唱えてきみは鍋を洗えり 池田行謙 頭髪の薄くなりゆく子にかける言葉を呑み込み靴べらを出す 金原華恵子 脳はもう…

続きを読む