№2124 薄汚い無知の涙

 当ブログで、執拗に反原発運動の連中を批判しているが、私自身は昔から反原発である。だが、だが、大震災をきっかけとして、突然空中からわいて出た大量の虫みたいな反原発デモの連中を見ていると、胸糞が悪くなってくる。  こっちは何十年も前から原発に対して反感を持っているのだ。なぜかというと、原発は原爆と同じ理屈でできているからだ。なぜ原爆のことを恐れるかというと、原爆はたいへんにきけんだからだ(←…

続きを読む

№2123 それでも線路を歩く国民

また、日本の組織の持ついやらしさをたっぷりと知らしめる事件があった。京葉線という、東京と千葉を結ぶ動脈とも言える電車が理由はしらんが突然止まり、そこまではいいのだが、国鉄(言い方が古い。JRであるもちろん)が電車を動かすのをあきらめて、乗客を車両から出して歩かせてやるまでに二時間にわたって閉じ込めたというのである。  これが民間企業だったら最低のバカである。もちろんJRも建前では民間企業な…

続きを読む

№2122 ひとつ前の長きよき月、11月

 今日は11月27日だが、毎年不思議に思うことがある。一年は早いというが、なぜか11月という月は、毎年長く感じる。たとえば、今月の初め、僕は常宿・増富温泉「津金楼」に遊んだが、なんかもうはるか昔のような気がする。社会的な事件を言えば、七日にオバマ大統領が再選されたが、これもはるか昔のような気がする。そして16日は、衆議院バンザイ解散。ただこれも、やはり昔昔な感じがする。選挙戦がかったるい。なんか…

続きを読む