№1972 見殺しにされたエルピーダメモリー

 明日は未明にかけて雪が降るという。どうやら都心でも積もりそうだ。そのせいか、体がとってもだるい。気圧の関係だろう、ちょっと息苦しい気もする。ビールが全然うまくない。酒がまずいときは、不調ということだ。  エルピーダメモリーが破綻した。民主党に殺されたといっていい。日銀もそうだが、去年七月からの円高対策が生ぬるい。ウオン安の韓国企業と戦えというのが無理というものだ。製造業は、これからもっと…

続きを読む

№1971 「塔」二月号「陽の当たらない名歌選」2

      「塔」二月号「陽の当らない名歌選」2 御しやすき国民として今朝もまたエスカレーターの列に加わる 池田雅幸 坂道を転がり落ちる空缶を最後まで見ていた再検査の日 北島邦夫 苦しみは耳から入り来悲しみは眼から入(はい)り来娘を看てをれば 中山博史 わが背(せな)の翼のあとの疼きたり空に銀髪たなびく夜は 磯部葉子 亡き父と吾が確執を思いつつ孫と親との諍い聞きおり…

続きを読む

№1970 橋下徹と横山やすし~幼児化する政治家~

 朝日新聞の夕刊を読んで呆れた。橋下徹が、憲法9条の改正を問う国民投票を呼びかけているらしい。こいつはバカかと思った。いや、バカなんだろう。今大事なのは、デフレからの脱却、公務員制度改革、行政改革、構造改革etc.、制度改革なのであり、憲法9条改正は、緊急の政治課題などではない。だいたい、橋下自体、いち大阪市長に過ぎないだろうが。天下の憲法の改正を論じるなんぞ、おまえは大統領にでもなったつもりか…

続きを読む