№1861 マニフェストアレルギー~私だけの記録2~

 厳しい日本の財政状況の中で、野田佳彦が総理に選ばれた理由は重い。普通、増税を口にするようなリーダーなど政党は選ばないはずだ。それだけ、民主党のあのインチキ金融商品にも似たインチキマニフェストの奇麗事に、民主党員も国民もうんざりしているのだ。奇麗事のみの発言にはもう耳を傾けない、これが民主党インチキマニフェストから学んだ、国民の教訓だろう。  予算の中で足りない、10・5兆円を復興債で政府…

続きを読む

№1860 野田佳彦で良し。

 民主党代表選、野田佳彦が選出された。当日記でも次期総理は野田さんだと書いていたが、妥当な結果だと思う。一連の民主党の騒動の中でピエロとなったのは、海江田万里である。菅総理からはさんざんコケにされ、小沢一郎からは「ミコシは軽くてバカがいい」という彼のセオリーに沿って、消極的ながら海江田氏が選ばれた。そして惨敗。三党合意を反古にするとか、マニフェストを守るとか、海江田もよくこんなことをほざくものだ…

続きを読む

№1859 小さな政府>大きな政府

 民主党の代表選が告示されたが、実に白々しい。今、二大政党制などと呼ばれているが、僕に言わせればそんなことはない。自民党も民主党も変わらない。いや、公明党も共産党も変わらんだろう。俺はこの日記で何度も口をすっぱくして言ってるが、この政党は、どいつもこいつもみんな一緒なのだ。要するに、こいつらの目指しているのは、常に「大きな政府」であり、国民に向かっていいことばっかり言い続け、その結果、国や地方の…

続きを読む