№1679 「短歌人」11月号会員欄秀歌選その66~半分真実~

      「短歌人」11月号会員欄秀歌選その66 なまぐさき河童の腕につかまれて腓返りをおこす右脚 有朋さやか 去勢した地域猫一匹帰りくる 有明の月浮かぶ方より 三田村まどか 勉強さえできれば後はついてくる父の叱咤は半分真実 野上 卓 警官にはっきり名告げ歳を告げ清しき魂九十の朝 原 芳市 ま昼間に映画館より出でたれば夏の日差しは他人のごとし 黒河内美知子 …

続きを読む

№1678 家宝の家石

 やってくれましたよ、またまたペルーサ出遅れ。それにしても、ブエナビスタから馬単勝負した人は頭来たろうなあ。多くても4点買いくらいしかできないのだ。そのブエナが降着で2着。とにかく、最低のレースだった。秋GⅠ、これしか賭(や)れなかったと、我が身の不運を嘆くばかりだ。  10月24日早朝六時、鈍痛と吐き気が続き、救急車で病院に担ぎ込まれる。菊花賞当日の日だ。最初、モニター検査で、医者は腸閉…

続きを読む

№1677 まぼろしの万馬券~ジャパンカップかよ~

 10月24日から、11月26日の33日間、気腫性胆嚢炎で入院という仕儀に至った。これはもう最悪である。なぜなら、この期間は一年のうちで僕が最も好きな季節であり、僕にとって大事な祭典、秋のGⅠの真っ盛りだったからである。菊は外したが、天皇賞秋は三連複大本線的中、エリザベス女王杯は馬連準本線的中、極め付きは京都マイルCSだ。やるんなら、ダノンヨーヨーが軸だと考えていた。エイシンフォワード一着でびっ…

続きを読む