№3055 とにかく連敗ストップ~日経賞GⅡ~

 年明け七連敗。こんなことは今までなかった。明日の日経賞は、的中だけを考える。とにかく今年になって味わったことのない、的中という快感を明日はしっかり味わいたいと思うのだ。そういうレースに合っている。軸は間違いなくゴールドアクター。彼が負けたらもうしょうがない。  日経賞は、14頭以上の馬が出走するとき、必ず荒れるというデータがある。一番人気のゴールドアクターが来ても、紐が荒れるということだ…

続きを読む

№3054 「日本維新の会」もこれで終わった

 明日の籠池喚問は、WBCどころではなく、注視すべき案件だ。この国有地の不当に安い払い下げ事件の真相を暴くことは、日本という国家が未来へと歩むための重要な要素となるだろう。要はこの事件は、アナクロニズムの連中の犯した恥ずべき事件なのだ。今時、何も知らない幼子に教育勅語を暗唱させ、その動画をネットにアップするというアナクロこそ、犯罪行為と言うべきだ。また、こういう小学校を素晴らしいとのたまった保守…

続きを読む

№3053 「塔」三月号・陽の当たらない名歌選1~猫~

     「塔」三月号・陽の当たらない名歌選1 思い切り泣くことの出来た幼き日どこまでも空は突き抜けていて 林 芳子 冬の星が燃える匂いだ手を振って東京タワーを消してみせたね 藤原明美 意味のない乗り換えをしてこの夜を明日の入り口まで引きのばす 小松 岬 沖合の波のようなる銀髪のきらめき 歌人の訃報を聞きぬ 沼尻つた子 追伸としてこの冬の始まりとして川沿いを黙しつつゆく 白水麻…

続きを読む