№3106 宝塚記念の呪縛

宝塚記念は、古くはマーべラスサンデー、メイショウドトウ、そして去年のマリアライト。要は、このレースのみでG1を取った馬の歴史がある。サトノクラウンも、国内初GⅠ奪取。もう彼はGⅠで勝たないだろう。春GⅠを勝ってきた馬が、梅雨のこの時期疲れ切って負ける、というのが宝塚記念におけるパターンだ。そういうデータを知っていても、今日のキタサンブラック9着はショックだった。多分彼は疲れ切っていたのだろう。し…

続きを読む

№3105 シャケトラ~宝塚記念GⅠ~

 宝塚記念。前日にして、私はたいへん緊張している。その心は、天皇賞春、日本ダービーに続いて、三たび、前売りオッズがつきすぎている、ということだ。そういうとき、私は必ず勝ってきている。だから、緊張しているのだ。宝塚記念は相性のいいレース。三たび、高投資額で高配当をもぎ取りたい。  キタサンブラック本命の理由について述べる必要はないだろう。要は対抗馬にどれを選ぶかということだ。人気のミッキーク…

続きを読む

№3104 「塔」六月号・陽の当たらない名歌選1~横笛~

       「塔」六月号・陽の当たらない名歌選1 あらすじのようにさびしい 川上に向かって帰る夜の屋形船 白水麻衣 おほ波は横笛のやうやはらかにわが足元に力尽きたり 久保茂樹 どの顔をあなたに見せるべきなのか 会えてうれしいこと隠すなら 真田菜摘 美しい話と美談は違うこと硝子のような青空仰ぎ 小川和恵 貧しさの一生(ひとよ)思えばその時代(とき)に多分わたしも飯盛り女 数又み…

続きを読む